2011年06月05日

奄美旅行3日目・最終日

バスと浅からぬ縁を持つホテルだからなのか、道の島交通のアンケートを置いてあった。
GEDC0910.jpg
そりゃバスマニアとしてはバス乗りたいですけどね、利便性以前に車椅子じゃどうしようもないわけで…
折角それなりの費用を掛けてアンケート用紙をばら撒いている割には、質問が浅い気がする。
回答すると、バスの写真と風景写真が入った特製ステッカーが貰えた。しかし、それを目当てに回答したのに、フロントで提出したら係員そのまま受け取って終了にしようとした…。

3日目・最終日にして漸く晴れた。今日こそは綺麗な景色を拝みたいものだ。

今日はまず、市街の南にあるループ橋(道の島ループ橋)へ。
GEDC1376.jpgDSC02616.jpg
河津七滝ループ橋と同じく2回転する橋だが、あちらと違い中心がずれている。旧道との接点を設けるために適宜斜面に接地する必要があったからだろうか。

次に、名瀬市街が一望出来ないかと期待して市街北西の山上にあるあかざき(赤崎)公園へ。しかしながら市街地方向の展望は全く利かなかった。

そして、その西の平松にある道の島交通の車庫。
GEDC1400.jpg
ここは、隣接して岩崎産業のガソリンスタンドがあるので元々は奄美交通であったことが分かる。では、岩崎バスの車庫はどこに?
後で調べてみると、ダイエーの向かいにある整備工場は岩崎バスだったようだ。しかし、車両を全て納めるには狭過ぎると思うので、車庫はまた別にあるのだと思うのだが…。

そして更に西、名瀬から一番近い砂浜という大浜海浜公園。
DSC02622.jpg
ここは下まで降り切って間近に浜と海を見るのもいいが、
DSC02632.jpgDSC02634.jpg
降りる途中の駐車場からの眺めの方が絶景だ。

まだ名瀬市街の俯瞰が諦め切れず、赤崎公園から市街地の西の尾根を通って金作原原生林へ向かう道を走ってみる。
DSC02637.jpg
辛うじて見ることが出来た。が、木が邪魔で市街地にピントを合わせられない…orz

また、この道路沿いには廃止された清掃工場が放置されていた。
GEDC1437.jpg
廃墟なんて覗いてみたくてうずうずしてしまうが、こんな環境では建物内も周囲の藪もハブの住処になっていそうだ。とても怖くて入れない。

進入がレンタカー会社によって禁止されている金作原原生林に敢えて行くつもりは無く(植物の張り出しで狭くなっているために手前で駐車して徒歩散策が必要と思われる:そうすると車椅子では面倒)、朝戸峠あたりでR58に出るのでそこから名瀬市街を通って空港方面に向かう計画だ。
道路はR58の朝戸トンネル上空を横切り、旧道のトンネル北口に接続した。
北口なのでトンネルは通らずにそのまま山を降りれば名瀬…と思ったら通行止めだったorz
GEDC1439.jpg
このため、節電目的だとは思うが電灯が消えていて廃道同然の雰囲気を醸し出しているトンネルを通って、遠回りする羽目に。
こちらは通行止めにはなっていないものの、派手な崩落現場があった。
GEDC1452.jpg
土嚢で区切られた安全側に立っていても、いつ足元が消えてしまってもおかしくないと思えるほど。

このあたりで燃料警告灯が点灯。返却前の1回の給油で済むかと思っていたが、このタイミングでは微妙。ここから真っ直ぐ空港に向かえば到達する距離ではあるが、もう少し寄り道したい。ということで、名瀬の出光で給油。
こちらのガソリンスタンドはどこも値段を出していないので、いちいち聞いて回るのも面倒。それなら最低でも2円引になるカードがある出光にしておくのが無難だろう。そもそも、離島でガソリンスタンドの選択肢が相当数あるというのも、他の島とは別格だということを感じる。
値段を出していないということは、沖縄ではよくあることだが旅行者相手には吹っかけるという可能性があるが…まぁ、不愉快になるだけだ。考えないで置こう。
結局ここで給油した後空港まで燃料目盛り(10段階のデジタル式)が減ることはなく、早めの給油で安く済ませられた。返却まで冷や冷やだったが…。

田中一村終焉の家は、名瀬郊外の新興住宅地の一番山側にある。生前は評価されなかったという不遇の人生を象徴するような立地だ。
見学自由ということだが、行ってみるとスタッフの人が2人ほど来て掃除中だった。これだと落ち着いて見学出来ない。そんなこと気にしなければいいのだが。
GEDC1470.jpgGEDC1464.jpg
見学出来るとは言っても建物の中には入れない。ところが、板の隙間から中が覗けたらしい。気付かなかった…。

ここから空港近くの奄美パークまでもう特に見るべきところは無いが、ずっとR58を走っていると内陸なので、海を見るために戸口に寄り道。
戸口集落自体は何も面白くない上に、ここからの海の眺めも良くないので、地図にも載っていない海辺を北へ行く道へ進入。途中で「通行止」という看板が出ていたが、気付かなかった振りをしてどんどん進入。
DSC02648.jpg
地図にも載っていない道だが、センターラインがある立派なものだ。しかしながら土砂崩れで1車線埋まっている箇所もある。上手くすればこのまま海伝いに空港方面に抜けられるかとも思ったが、結局通行止の看板が真実になってしまっては時間とガソリンの無駄なので、途中で引き返すことにした。
DSC02643.jpgDSC02645.jpg
でも、来て良かったと思える絶景だった。ここまで来たこと自体は全くガソリンの無駄ではなかった。

旅行の最後の訪問地は奄美パーク。昔の奄美空港の跡地を利用した施設だ。観光物産館と言うべき内容。
GEDC1502.jpgGEDC1504.jpg
メインの建物にはステージ、土産物店、奄美の各島の紹介コーナー、レストラン、そして有料の博物館がある。例によって有料施設はパス。
ステージでは今日、元ちとせや中孝介も出演する無料ライブがあるのだが、残念ながら15時からで、帰りの飛行機が出発した後。因みにこのライブ、昨日と一昨日は福岡市で同じく無料で実施していたらしい。阿鼻叫喚にならなかったのだろうか…。

メインの建物から少し離れたところに展望台がある。
DSC02675.jpg
登ってみると、眼下に昔の滑走路がほぼそのまま放置されているのが見えて面白い。
DSC02672.jpg
また、反対側を見れば現空港の滑走路も一応見え、離着陸方向が南であればその様子も見える。丁度離陸するところだったのだが、カメラの準備が間に合わなかった…。

DSC02682.jpg
さて、滑走路は立ち入ることも出来る。
DSC02685.jpg
ここに置いてある計画図では滑走路を含む一帯を池にする予定だったようで、その準備工事の夢の跡なのか、実際に滑走路が一部水溜りになっている。
そもそも不思議なのが、滑走路なのに周囲より低くなっていること。また、嘗て滑走路の中央附近でこれを潜る道路があったようだが、これが滑走路を埋め立てた土手道路に付け換わっている。滑走路を池にするために横断道路も含めてわざわざ周囲を嵩上げしたのだろうか。

田中一村博物館もあるが有料。しかし、博物館周囲には無料の「一村の森」というものがある。どういうものかと思ったら、田中一村の作品に描かれた植物を出来るだけ忠実に植えた場所を何箇所か用意しているのだ。真面目に見学すれば面白かったかも知れない。

さて、奄美パークの航空写真を見てみると、施設一式がほぼ滑走路上にあり、駐車場がエプロンに見える。そうするとターミナルビルや従来の駐車場は一体どこにあったのだろうか。と思って古い航空写真を見てみると、なんとエプロンに見える領域がエプロン、ターミナルビル、駐車場に分かれていて、しかもそれが滑走路方向に並んでいたのだ。珍しい構造だ。

実質2日間の駆け足旅行はこれにて終了。
空港前のレンタカー営業所に乗り付けて返却しようとすると、空港まで乗って行ってそのまま放置していいと言う。実に有難い。離島はこの辺大らかなところがあるのがいい。

チェックインを済ませ、出発までオープンしたばかりの空港のジョイフルでマターリしようかと思ったのだが、やはり羽田行きの待ち時間となると人が集中するのでえらい混雑で、諦めざるを得なかった。
GEDC1537.jpg
メニューには鶏飯があるらしいと聞いたので楽しみにしていた(そもそも入店出来なかった以上関係無いが)のだが、外に置いてあるメニューには記載が無かった。それどころかドリンクバーが無いという大きな欠点が。
GEDC1539.jpg
看板には、フランチャイジーのロゴも入っている。

DSC02726.jpg
上空から眺める喜界島。

GEDC1576.jpg
カートにはまだJASのロゴが。

帰りの飛行機は、羽田B滑走路着陸という初体験の経路だったため、着陸前に千葉ニュータウンから東京下町上空を経由し、上空からの眺めも初めて見るものだった。
GEDC1582.jpgGEDC1587.jpg

羽田到着後、折角なので国際線ターミナルを見物に。
シャトルバスの混んでること混んでること。今までの第1第2循環バスの様子からすると信じられない光景だ。京急やモノレールは国際線国内線乗継客に限り国内線駅と国際線駅の間の乗車を無料にするサービスがあるが、方法を工夫して無条件無料にしてもいいんじゃないか。
国際線ビルは、車椅子で展望デッキまで行こうとすると面倒で、1F→3F、3F→4F、4F→5Fと3回エレベーターを乗り継がねばならない。確かに4階以上は空港の本来施設ではない余興のようなものではあるが、何とかならなかったのか。
GEDC1628.jpg
また、4階は江戸小路ということで江戸時代風の町並みを再現しているわけだが、ここから5階へ上がるエレベーターが、そうしてデザインされた店舗と全く同じ雰囲気になっていて目立たない。これは宜しくないと思う。
GEDC1631.jpg
展望デッキの案内板。新規参入受け入れ枠は後10社ですw
23:59 | Comment(0) | 旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。